2008/04/01

Evernoteで情報集積する時

Evernote_Mac_1

del.icio.usでブックマーク的に気になる情報を整理してた今日この頃だったんですが、ある時「今見てる情報をそのままスクラッピングしておきたくなった」りしたので、さらにそのちょっと前にTechCrunch界隈で話題に上ってたEvernoteをつい先日から導入して今に至ります。しばらくはWeb版でブックマークレットを駆使しつつスクラップしてたんですが、せっかく持ってるのでというそうめん流し的な理由Mac版クライアントソフトをインストールしたのが運のアレでした。

このMac版クライアントがかなりイイ

Evernote_Mac_4

インストールするとメニューバーに象さんマークが追加されてそのメニューからクリップ出来るようになる、ので、Safariでサーフィン(死語)してて気になる記事に出会ったらおもむろに必要なところだけをドラッグ指定→前述の象さんから「Paste to Evernote」をクリックする→クライアント版Evernoteに新しいNoteが出来てその中にいまクリップした内容が若干プレーンな感じで張り付いているので→適当にタグを追加してからWeb版とSyncすれば一仕事完了、という具合。そこそこ簡単な手順でスクラップ出来る&見た目もMacっぽさを裏切らない感じで高感度高しです。

Evernote_web

2008/04/01現在気をつけなければいけない事は、Web版では検索に日本語を使用すると若干面倒くさい事になる=検索出来ません(クライアント版では異常なし、Safariでは文字化けしてNG、FirefoxではSearchしてもヒットせず)、ということ。タグも日本語を使うとweb版では一見OKそうでやや問題はらみという感じかと思います。現状Web版も併用するつもりならタグに日本語は入れない、検索はネイティブに、そんな感じ行くとモアエバーです。

あとこのEvernote、どうやら、というかあたかも当然であるかのようにクリップ記事内の画像も一緒にまとめてダイナミックにEvernoteサーバへ格納してくれます。ただし「リンク先は辿れない」ので、たとえば参考画像がサムネイル式で拡大画像はクリックの後すぐ!的なページだとそのままではサムネイルしか取り込めません。そういうときは一旦サムネイル込みのページをクリップして→その後ブラウザ上で拡大画像を「イメージをコピー(Safariの場合)」してから→クライアント版のEvernoteでサムネイルに置き換えてペースト→その後Syncしてやれば無事拡大画像もEvernoteサーバにアップロードされてウハウハかと思います。

で、Web版Evernote+Mac版クライアントEvernoteという構成でしばらくスクラッピングした後に満を持してWindows版クライアントEvernoteも使ってみました。が、これはかなりお勧めしかねる感じなのでした。自分の勘違いでなければWindows版の方が版数も重ねているのでその分成熟度も高い、そう思ってたのにどうやらMac版とは若干設計思想も違うようで個人的には使いにくいったらありゃしなかったりしたのです。具体的には

  1. 日本語がぎっしり書かれたページはスクロール遅延する+かなり処理が重たくなる
  2. Mac版がノート毎のシングル表示なのに対してWindows版はRSSリーダばりのシームレス表示
  3. ノート内の画像が一部勝手に縮小表示される
  4. スクロール処理がなんだか若干特殊気味でその上使いにくい

などなど。Mac版を使った後だから余計に違和感を覚えただけなのかもしれませんが、暫くお会いする事は無さそうです。

ともあれ、Evernote自体は最高とかそんな感じである事に代わりは無さそうですので暫くはガッツリ使い込んで行きたいのに文句ばっかり言ってると感じ悪い事請け合いなので、最後に全体への難点と言うか要望をあげておきます。

  1. クライアント毎にクリップした内容の整形具合が微妙に違うのをなんとか吸収して欲しい
  2. Sync処理が若干不安定(クライアントの自動Syncは使わない方が精神上楽)
  3. ノートのサムネイル表示が結構頻繁に再描画されるのが気になる

といったところでしょうか。超期待してます>Evernote。あと、一番の売りの一つであると思われる画像内の文字認識を今思い出したのですが、ごめんなさい使ってません。

2008/03/21

PC構成メモ

最終更新日:2008/03/21 (随時更新予定)

メインPC (P180)

CPU: Intel Core 2 Duo E6600 (2007/02/05 ツクモ)
Cooler: NINJA PLUS SCNJ-1000P (2007/02/02 ツクモ)
M/B: GIGABYTE GA-965P-DS3 Rev.1.0 (2007/02/05 ツクモ)
Mem: Transcend JM2GDDR2-8K 1GB×2 (2007/09/18 PCワンズ)
Video: GALAXY GF P86GT-OC/256D3 (2007/09/18 Sofmap)
Case: Antec P180 Silver (2006/03/02 BLESS)
Power: Grow Up Japan GUP-EG500J (2006/09/16 ツクモ)
HDD1: WesternDigital WD2500KS (2006/03/01 PCワンズ)
HDD2: WesternDigital WD3200KS (2006/09/16 ツクモ)
HDD3: WesternDigital WD3200KS (不明 ドスパラ)
HDD4: WesternDigital WD5000AAKS (2007/09/18 PCワンズ)
DVD: LA Japan GSA-H10N (不明 Sofmap)

Monitor1: Nanao FlexScan T731 (2003/07/27 EC-CURRENT)
Monitor2: Mitsubishi RDF171S (不明)

備考:
GUP-EG500Jは2007/02/19に異音発生で購入店ツクモ経由のメーカー修理交換済み。P180と同時に買った中身は全て弟PCへ移植済み。

メインノートPC

Model: Apple MacBook MB061J/B (2007/12/15 Sofmap)

Mem: BUFFALO A2/N667-2GX2 (2007/12/15 Amazon.co.jp)
Mouse: Logitech V470 Bluetooth White (2008/03/10 TWOTOP)
etc1: SANWA SUPPLY FA-SMACB13 (2007/12/16 ヨドバシ梅田)
etc2: SANWA SUPPLY LCD-MB133 (2007/12/16 ヨドバシ梅田)

親父PC (SOLO)

CPU: Intel Core 2 Duo E6750 (2007/09/18 Sofmap)
Cooler: 峰COOLER Rev.B (2007/09/18 ツクモ)
M/B: GIGABYTE GA-P35-DS3R Rev.2.0 (2007/09/18 PCワンズ)
Mem: UMAX Castor LoDDR2-1G-667 R1 1GB×2 (2007/02/05 Sofmap)
Video: WinFast PX8600 GT TDH 256MB LPE (2008/03/18 Sofmap)
Case: Antec SOLO (2007/09/18 Sofmap)
Cooler: 風拾 SY1025SL12L (2007/09/18 ツクモ)
Power: ENERMAX CLG-590AH (2007/09/18 PCワンズ)
DVD: I-O DATA DVR-SN18GLVB (2007/09/18 PCワンズ)

Monitor: BenQ FP241WJ (2007/09/16 Sofmap)
etc1: PLANEX UB-SKP (2007/09/20 Amazon.co.jp)

備考:
2007/09/21組み立て。

弟PC (P150)

CPU: AMD Athlon 64 3500+ CGBOX (2006/03/01 PCワンズ)
Cooler: NINJA PLUS SCNJ-1000P (2006/03/02 BLESS)
M/B: ASRock 939Dual-SATA2 (2006/03/01 PCワンズ)
Mem: Hynix PC-3200 DDR SDRAM CL3 1GB×2 (2006/03/01 PCワンズ)
Video: 玄人志向 Radeon搭載だったと思う
Case: Antec P150 (2007/02/02 ツクモ)
Cooler: 風拾 SY1025SL12L (2007/02/02 ツクモ)
Power: Antec NeoHE 430 (P150付属電源)

Monitor: デュアル液晶

備考:
旧メインPCの中身を移植。

サブPC (CX230)

Base: Mitsubishi apricot CX230 M3D14-F39AD (2005/05/19 PC-WRAP)

CPU: Intel Pentium III 1GHz
M/B: FIC ST-2001 ?
Mem: PC133 SDRAM 256MB×2
Case: TOYOMURA SF-1815 (not IEEE1394/PCMCIA CardSlot/DVI DisplayPort)

Video: 玄人志向 GF6200A-LP128H (2006/01/24 Sofmap)
USB: Logitec LHA-USB2V (不明 Sofmap)

備考:
80mmケースFANをDELTA AFB0812HDからXINRUILIAN RDL8015Sへ交換。厚みが20mmから15mmに変わったためダクト部分にボンドで接着。

2008/03/20

MacBookココまでの軌跡 - ソフト編

TSURUMI BLOSSOM

ハード編からの続き。
人のMacBookは多少触ったことはあったモノのほぼ初めてのMacOS X。とまどいながらもそれなりに使ってるわけですが、現在ぶち込んであるソフトウェアも軽く復活の呪文しておきます。

Flip4MacとPerian

まずは動画関係、ということでMacBookを買って間もない段階で右も左も分から無いまま「Flip4Mac」と「Perian」を(ダウンロードしたらdmgファイルがいきなり自動マウントされて表示される的なMac流に戸惑いつつも)なんとか導入。RD-X5で録画してwmvで保存してある動画が結構あったので軽く視聴してみたんですがばっちりOKな感じでナイスコーデックです。ただしWindows機でDVD-Rに焼いたwmvファイルは読み込めないファイルが何故か結構ある。1枚のDVD-Rに焼き込んだ複数ファイルで読み込みOKファイルとNGファイルが7:3位の割合で混入している、そんなフィーリングです。DVD-Rの品質の問題なのかしらと太陽誘電を呪ったりもしてみましたがBoot Campで立ち上げたWindowsXPでは問題なく読み込めるので、きっとMacで読み込むためには焼き込み時のオプション設定で俺の知らない呪文があるんだろうということでひとまず忘れることに。

Synergy

次にWindows機とMacBook間のマウス・キーボード共有のために「Synergy」をさりげなくインサート。サーバ側であるWindowsにはSynergy 1.3.1を、クライアントであるMacBook側にはクライアント設定パネルであるSynergyKM(Synergy 1.3.0)をそれぞれチョイスしてみました。設定は若干癖があるモノの一旦済ませてしまえばあとは特に意識することもなく快適に使えます。Windowsソフトでいうと「どこドア」あたりが近いのかもしれない。

SafariStandとGreasekit

MacデフォルトのブラウザであるSafariを機能アップさせるプラグイン。「SafariStand」はサイドバーに開いているタブのサムネイル一覧を表示できる「Toggle Sidebar」や右クリックから各種検索を実行する「Quick Search」、新規ウィンドウに履歴やブックマークをシームレスに表示する「Stand Bar」の他、ダウンロードを日付別にしたりJavaScriptによるステータスバー描画を禁止したり出来る多機能プラグイン。とりあえずいれとけ系です。「GreaseKit(旧Creammonkey)」はその名の通りFirefoxのGreasemonkeyスクリプト互換のプラグイン。動かないのも結構ありますが入れておいて損のないはずな一品。この2つは共にSIMBL(Smart InputManager Bundle Loader)の元で動くSIMBLプラグイン。

StuffIt ExpanderとUnRarX

書庫の解凍用にStuffIt ExpanderUnRarX。StuffIt Expanderは色々な書庫形式に対応しているのでとあえず入れとこう系。UnRarXはrar形式の書庫を無難に解凍するために導入→Windowsで圧縮したrar書庫をうまく解凍出来なかったので。

VMware Fusion

Mac用のVMwareであるVMware Fusion某サイトの海外キャンペーンクーポンにて$35.99で海外オンライン購入。我が家ではBoot Camp領域のWindowsXPとISOファイルからインストールしたUbuntuを利用中。Spacesを9分割して9番目のスペースに全画面で利用するのが何となくジャスティス。WinXPの方は出先で必要に追われて使う事はあるもののUbuntuはほとんど使わない日々。

Stronghold

パスワード管理にStrongholdというデータベース的なソフトをひとまず利用中。いくつかパスワード管理できるソフトを触ってみたけどこれが私的に「一番Macっぽかった」というチョイス理由。起動したら「View」の中にある「Groups Drawer」を開いておかないと使い方に困るちょっと男前なStronghold。無制限な勢いで項目を増やせる+見た目は利点。頻繁に入力するデータを参照する目的にはそぐわないけどたまに「あー、あれ、あのパスワード何だけっけ?」用途には向く、そんな感じです。せっかくMacなんだから見た目にはこだわりたいという偏見込み。

その他

携帯電話のデータ管理に「携帯Sync」。ネットの快適性を望んで「Dolipo」。BitTrrentの クライアントに「Transmission」。MacBookのHDD換装の際にBoot CampのWindows領域バックアップ・リストアに利用した「Winclone」。テキストエディッタに「CotEditor」。あたりが今現在使っているソフトです。他にも使ってみたいのが色々とあるので暇を見つけてはヒットアンドアウェイしていきたい、そんな所存です。あ、あとブログ更新に今回から「ecto」を使い始めてみました。

以上、まとめて書くと長くなるという事を骨身に染みつつ以後は試した順に書き残して行きたいなぁと思ったMacBookソフトの覚え書きの巻でした。

2008/02/07

MacBookココまでの軌跡 - ハード編

TSURUMI BLOSSOM

2007/12/16にMacBook(MB061J/B)を購入して約2ヶ月ほどの日々がダラダラと流れてしまったので、ここら辺で何となく現地点までの軌跡を復活の呪文しておくようにお告げを受けたのでそうします。

購入店はソフマップ.com。10%ポイントのソフマップとUSキーボードに出来るけどガチンコ定価販売のApple Storeを天秤にかけた上でソフマップに決定したわけですが、その数日後、ぶらり立ち寄った難波のソフマップにて

USキーボード、お持ち帰り可、5%ポイント

を見て若干かなり凹む。目当ての商品買った後はその商品をチャックしてはダメという消費者の幸せ十箇条を失念しておりました。反省。まぁ現状が既にUSキーボードとJISキーボードの混在状態なので今更困ることはまったく全然無いので問題ありません、と強がりながら共有してるUSキーボードからMacBookに「@」を入力する度ウキーとなってる今日この頃です。

本体到着の翌日にまずインナーケースを物色。値段的にサンワサプライの「IN-MAC13BK」あたりが無難かなと思ってたんですが、ヨドバシカメラ梅田店頭に1個だけぶら下がってた「Tucano Second Skin Folder for 13.3inch Apple MacBook 赤色(BF-N-MB133-R)」を衝動確保。ヨドバシカメラではEdyで買い物しろと誰かに吹聴された気がするのでレジをたらい回されEdyで決済(最近はレジ前にでっかくEdyの使えるレジ番号が張り出されてるのでそこをピンポイント爆撃すればOK)。なんかTucanoの商品は輸入元によって?値段が若干違うようで、ヨドバシ梅田のは丸紅某扱いでお値段は3500円ほど。フォーカルポイントのはそれよりちょっと高い気がします。
モノは専用をうたってるだけありMacBookに超ジャストフィット。対衝撃吸収力は臨むべくもない感じに薄め素材ですが傷付き&埃対策には良い感じです。持ち歩く際はこのSkinに入れてメッセンジャーバッグに放り込む。さすがにまだ裸状態MacBookをバッグにそのまま放り込む勇気はありません。

他に購入した周辺機器はメモリカードリーダとしてI-O DATAの「USB2-W12RW」、ファームアップに対応してるのでSDHCも読み込めるという代物。久しぶりにカードリーダを色々物色したけど相変わらず選択肢のない状況でした。デザインで選べるほどのモノはないし機能的に抜きんでてたり尖っているものもない。ということで手持ちの内蔵カードリーダと同じメーカーにしたのでした。他には周辺じゃないけど増設メモリとしてBUFFALOの「A2/N667-2GX2」。夢の4GB実装自己満足の世界。メモリ購入に当たっては、あまともでプレゼント当選したAmazonギフト券と地道にちょコムで貯めて交換したAmazonギフト券とAmazonクレジットカードのポイント交換でゲットしたAmazonギフト券を駆使。Amazonギフト券三昧。あまともには超感謝なのです。あとは液晶保護にサンワサプライの「LCD-MB133」、キーボードカバーに同じくサンワサプライの「FA-SMACB13」を購入。俺はサンワサプライの回し者か。

マウスも何か買おうかと思ったんですが、トラックパッドが思いのほか良い案配なのと+ソフト的にWindows機のマウスと共有できたので見送り、というか恐らく必要ない感じになってます。と思ったけどLogitechのBluetoothマウス「V470」はかなり気になるマウス。以下はソフト編へ続きます。

2008/01/29

ソフトバンク春の新色

20080129_sb
春の「萌え」を意識しています(※画像と本文とはほぼ無関係です)

D902iSで特に困ったこともない、そんなDoCoMo10年戦士から見たソフトバンクとauの春の新作携帯端末について。

特に際だった興味はないのでiPhoneがどこから出るか早く決めて下さい

という感じでしょうか。あえて言えばスライド派+旧ソニーユーザーなんでW61Sが気になると言えば気になるんですが(スマイルシャッターも付いてるし)これはau端末ですか。エントリータイトルは勢いで付けると困る、と。俺覚えた。

「iDがあるからDoCoMoユーザー」的な比率が日に日に上がりつつあるここ最近の自分的にはiPhoneが出たところで微妙に困るような気がしないでもないです。それならいっそ携帯+iPod touchで満足してるのがモアベターなのかもしれない。我慢せずにこのタイミングで、SDK配布前のこのタイミングでtouchにいっとくべきなのだろうか。むー、と悩んでいるときが一番楽しいそんなパラドックス。一番の解決策は

FeliCa付きiPhone

なんですが、それは無い。だったら、

Dockコネクタ接続の外付けFeliCa

…もうカード型のiDでいいじゃん俺。